田中文栄堂

文栄堂で万年筆に向けられる愛情を実感してください

万年筆のイメージは、一昔前なら一部のエリート層が持っている高級感のある筆記用具だったでしょう。

 

 

しかし今は、お世話になっている上司をはじめ、遠く離れている両親や家族を支えてくれている夫やお父さん、年下の知り合いなど、様々な人に贈れる商品となっています。

 

 

大正10年から創業している高級万年筆の文栄堂のサイトには、オリジナルブランドのほかに、外国ブランドも紹介されていますが、その中には若者がさりげなく使っていても嫌みのないカジュアルさが売りのデザインも多数存在します。

 

 

インクが切れれば後は捨てるしかないボールペンとは違って、インクを取り換えればずっとビジネスの場で使えるものを若者にプレゼントしたいと思った時にはいかがでしょうか。

 

 

一方で長い歴史を誇る文栄堂だからこそ、古くより万年筆愛好家たちに愛されてきたシリーズやメーカーも大切にしています。

 

 

万年筆といえばペン先が大事なアイテムですが、文栄堂では試し書きをした後で、ペンの太さが気に入らなかった場合は取り替える事が出来るサービスがあるので、ぜひ役立ててください。

 

 

はじめて万年筆を買うから自分に合ったペン先が分からない人以外にも、サプライズで誰かに贈りたいからお気に入りのペン先の太さを聞けない場合でも、後から使う人の好みでペン先を変えられるので安心です。